ランキングウーマンの美容日記

化粧水マニアの日常

香害には気を付けよう

   

香水

香害。
入力ミスではありません。
最近社会問題になっているのが「香害」なんです。

柔軟剤を使う人が増えたことで、国民生活センターにこれに関する多くの相談が寄せられ、ニュースでも取り上げられるなど、社会問題になっています。

私は、柔軟剤も香水もアロマも大好きなんですが、「良い香り」と感じるものは人それぞれ違いますよね。
ある人には「良い香り」と感じるものであっても、ほかの人には「嫌なニオイ」という場合もあります。

私も柔軟剤を使っているんですが、最初はいい香りだと思っていても、使い続けるうちに、あまり香らなくなってきたなって思うことありませんか?結構、あるあるだと思うんですが…。

せっかく柔軟剤を使うなら、洋服を着た時にも香ってほしいなどと思うと、ついつい「足りないかも?」なんて思ってたくさん入れすぎちゃったりするものなのです。

ですが、自分は慣れたニオイだから、それほど強い香りだと思わなくても、他人からしたらものすごく強い香りに感じたりするんです。

酷い人になると、近所の人がベランダに干した洗濯物の香りで頭が痛くなったりする人もいるくらい。大変気の毒な話です…。

柔軟剤だけじゃなく、香水をつける時にも気を付けなければならないのが、その「量」です。
匂いに慣れてきてあまり香らなくなったような気がするからといって、規定量以上を入れたりつけたりするのは絶対にやめましょう。

「私、いい香りでしょ?!」って思っていても、ほかの人からは「あの人、クサイ」と思われている可能性もありますからね。

時々いますよね。
通り過ぎる時、柔軟剤の強烈な香りがして、いなくなってからも残り香がいつまでも消えない人。
自分好みの香りであればまだしも、そうじゃない場合は、結構辛いものがあります。

特に会社や学校へ着ていく服には気を付けた方がいいですね。オフィスや教室中に充満するほど柔軟剤の香りがするのは、やはり迷惑ですからね。

とにかく、使う場合は量に気を付けて使ってくださいね。

ほのか~に香る方が人を惹きつけると思いますよ☆

 - 美容